GoogleMapsAPIを使ったサービスの提供

企業では、地図アプリを活用して、消費者に様々なサービスを提供しています。
美味しい物を探しているネットユーザー向けに、口コミで話題になっている店やメディアが取材した店などを地図上に表示するサービス、GPSと連携させてナビゲーションとして活用するサービスなど多彩なサービスが提供されています。



このようなサービスを開発する為には、地図を表示してマーキングしていくといった機能を持ったライブラリを用意する事が必要ですが、非常に手間がかかってしまいます。



そこで、高機能な地図サービスであるGoogleMapの機能を使えるように設計されたライブラリであるGoogleMapsAPIを導入すれば、開発やメンテナンスがしやすくなります。
GoogleMapsAPIには、地図サービスを構築する上で必要になる機能を纏めたクラスやメソッドが提供されます。

これによって、高度な機能を自在に搭載していく事が出来ます。

GoogleMapsAPIに搭載されている機能には、GPSといったお馴染みの機能と連動していたり、周辺マップを歩行者の視点で見る事が出来るストリートビューと連動させたりといった事も可能です。


その為、インタラクティブ性のあるシステムをGoogleMapsAPIを使って構築していく事ができ、コード量を減らせますので、効率的にメンテナンスをしていく事が出来ますので、安定したシステムを維持させられます。

スマートフォンアプリを構築する際にも、このAPIを使えば、容易に地図アプリを作成出来ます。