GoogleMapsAPIとは何か

GoogleMapsAPIというのは、Googleが提供している様々なAPIサービスの1つです。

GoogleMapsAPIは、GoogleMapに関するAPIですが、これを活用することでGoogleMapの機能を取り入れたWEBアプリを作ったりすることができます。

APIというのは簡単にいうと、URLの形式で条件を付けてリクエストを送信してやると、WEB経由で条件に合ったなんらかのデータが返ってくるというものです。


そのデータを自分なりに加工して、自分の開発しているWEBアプリケーションに活用していくことができるわけです。



GoogleMapsAPIであれば、住所や緯度経度情報などを条件として付加しリクエストを送ってやれば、その住所や緯度経度情報に合致した地図情報が返ってきますから、その情報を加工して様々な地図系アプリケーションを作成することができるようになります。



GoogleMapはとても便利なWEBアプリで、世界中の多くの人が活用しています。

GoogleMapのようなものすごいプログラムを個人で構築するのは絶対に不可能ですが、GoogleMapsAPIを活用することで、誰でも簡単にGoogleMapの膨大なデータや便利な機能を活用することができるようなるのです。


そして自分の開発しているWEBアプリケーションに落とし込んでいくことができるのです。あとは創意と工夫次第で、今まで存在しなかったようなWEBアプリケーションを作ることも夢ではなくなります。