Google Maps API for Workの基礎知識

Google Maps API for Workというのは、企業向けの最先端地図サービスのことです。Google Maps API for Workに契約をすれば、さまざまな仕事がやりやすくなります。
代表的な使い方としては、配達業務の効率化が挙げられるでしょう。

Google Maps APIs Premium Planの口コミ情報をまとめました。

スマホ等で地図を読み込めば、どこに配達をすればいいのかが一目瞭然になります。Google Maps API for Workを使えば、工夫をすることでより快適な配達業務の実現が可能となります。配達先の物件を強調表示することもできれば、ルートを限定して表示することもできます。



配達スタッフの負担が大幅に減らせますし、何よりも人為的なミスが発生しなくなるのでメリットは大きいです。

Webサイトで地図を使うこともできるようになります。

BIGLOBEニュースに今、注目が集まっています。

一日数万PVあるサイトでも利用可能なのがGoogle Maps API for Workのいいところでしょう。

無料版のGoogle Maps APIでは、PV数に限りがあるので仕事では使えません。


有料サイトでの使用も可能ですし、これを利用することで売上アップも不可能ではありません。

自社開発のアプリケーションに混ぜて使うこともできるので、総合的なソリューションが期待できます。

ストリートビューが使えるのはもちろん、最大解像度が2048×2048になるので仕事もしやすくなります。

無償版では解像度は640×640ですから、その差は歴然としています。