商圏分析とは何だろう

商圏分析とは、ある店舗の顧客がどこに住んでいるか、どの範囲の住民までが自分の店舗の顧客になっているのかを調べることで、商圏とはいわばその店舗の勢力圏、勢力範囲であり、それを分析することと言えます。
もちろん、その範囲に住んでいる人々全てが実際に顧客になっているわけではないでしょうが、可能性はあるというように考えることができます。



なぜ商圏分析が重要かというと、いろいろな意味、切り口がありますが、一つにはなかなか自分の努力で変えることが難しいからです。


不可能ではないにせよ、商圏とはその地域の人の流れ、道路事情、交通事情が大きな要素を占めますから、自分の努力ではどうにもならないことが大半です。

商圏分析に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

自分の力でどうにもならないことをなぜ調べるのかと思われるかもしれませんが、つまりはそれは変えられないもの、土台、ベースとして物を考えざるを得ないということになるからです。

いわば、商圏分析を行わずに戦略を考えるのは、土台のしっかりしていない土地に建物を建てるようなもので、砂上の楼閣ということになってしまいます。
さて、では具体的にどのように商圏分析を行えばよいでしょうか。

別に難しくはありません。

人には聞けない珍しいエキサイトニュースに関する情報を提供中です。

顧客の住所さえ分かればよいわけです。

もちろんただ住所を聞くわけにはいかないでしょうが、例えばポイントカードを発行して、その際に住所も登録してもらうようにしたりすることが一般的に行われている商圏分析の第一歩となります。